【來たるその日まで】


昨日は熊本で地震が発生しましたね。



來たる東海地震の備えをみなさん
していますでしょうか?



十年以上前からくるくると言われていますが
いざ災害が起こった時に実際どんな
対処をすればいいか理解できている人は
ぶっちゃけ少ないと思う。



來たるその時までに
どんな行動をすればいいのか



一度おさらいしていきましょう!


地震から身を守るための10か条
地震に対処するために必要な要点です。
「こんなにたくさん覚えられない。」
とお思いでしょうが,半分は生活習慣で,
半分は理屈で覚えておきましょう。
1.グラッときたら身の安全
* まず第一に身の安全を確保しましょう。
* 特に頭を守りましょう。
* 転倒のおそれがある家具から離れ,テーブル,机,ベッド,布団などの下にもぐりましょう。
* その際,座布団,クッション,枕などで頭の保護を。
* 頭を守る物が無いときは,手の平を下にして頭の上で左右から両手で覆う。
* 手の体の内側の動脈を切らないようにするのと,頭への直撃を避ける効果がある。
2.すばやい消火・火の始末
* 地震で怖いのは火災,大地震の時は消防車がすぐにこれるとは限りません。
* 小さな揺れのときは急いで火の始末。
* 大きなときは,まず身を守ることが一番,火を消すのは揺れがいったん収まってから「火を消せ!」と声を掛け合って,調理器具や暖房器具などの火を消す。
3.窓や戸を開け出口の確保
* 地震のときは,ドアや窓が変形して開かなくなることがあります。
* 開けられるドアや窓を少し開けて,逃げ道をつくっておきましょう。
* 特に,集合住宅やマンションは注意しましょう。
4.火が出たらみんなで消火
* 「火事だ!」と大声で叫び,隣近所にも助けを求め,火が小さなうちに消し止めましょう。
5.あわてて外へ飛び出さない
* 揺れが収まってから,落ち着いて行動しましょう。
* 外へ逃げるときは,ガラスや瓦,看板や外壁など落下物に注意しましょう。
* 落ちている破片に注意し,落ち着いて行動しましょう。
6.狭い路地,塀ぎわ,がけ,川べりに近寄らない
* ブロック塀,門柱,自動販売機などは倒れやすいので,特に注意しましょう。
* 路肩や法面(のりめん)が崩れることがあります。
7.山崩れ,かげ崩れ,津波に注意する
* 山間部や海沿いの地域で揺れを感じたら,早めの避難を。
* 海岸では,津波が来ることを前提にして揺れを感じたらすぐに高台に避難しましょう。
* 土石流や津波の速度は肉眼で見えたら避難が間に合わないくらい早い。
8.避難は徒歩で,荷物は背負って最小限にする
* 指定された避難場所へ,両手を自由にして,徒歩で避難しましょう。
* 車やオートバイは使わないでください。渋滞に巻き込まれてしまいます。
9.隣近所協力しあって助けあい
* 自分が助かったら,人を助ける立場に回りましょう。
* お年寄りや体の不自由な人,けが人などに声を掛け,みんなで助け合う。
* 地域の集合場所にいったん集まって,助けを求めている人を助けましょう。
10.正しい情報,確かな行動
* うわさやデマなどに振り回されないようにしましょう。
* まずは,ラジオやテレビなどで正しい情報を入手しましょう。

この間名古屋での地震を感じた時
何をしたらいいかテンパりました笑


いつか来るその日に備えて
身体だけじゃなくて危機対処が
すぐ出来る頭も鍛えておきたいですね(´ω` )/


さぁ、もうあと1週間と迫ってきた
STUNNING!!!!

参加される方の
あなたらしい人生を
デザインする為の
準備は整っています❤


Life is Design 
あなたの人生に危機管理シミュレーション能力がつきますように

Toshi Imura

company for familiy

0コメント

  • 1000 / 1000